家族の本物の笑顔撮れてますか?
ファミリースタイルフォトでは子どもの気持ちに寄り添った撮影で
家族の本物の笑顔を写真に残したいというパパやママの願いを叶えます。


2017年の撮影受付がスタートしました。
野外ロケ家族写真撮影会日程
溝の口NOEL(室内)写真撮影会
七五三出張撮影はこちら
お宮参り出張撮影はこちら
1歳記念出張撮影はこちら
マタニティフォト撮影会はこちら

ボールを使って写真を撮る理由


子供と家族を撮るフォトグラファー&写真講師の織田隆一です。

私がいつも野外撮影のときに
持っていくのがカラーボールです。

今日もカラーボールで遊ぶ子供の
写真を紹介します。

201704222_0012web.jpg

こんな風に投げたボールも
一緒に写してあげることで
この頃にホールが投げられたんだな
といつか写真を見て子供の成長を
懐かしむことができます。

「こんなことができた」写真を
撮ってあげるのも
ボールを使って写真を撮る
理由でもあります。


そしてカラーボールで遊んだあと
気分が良くなったところで
別の遊びをしながら撮ります。

お兄ちゃんは木に隠れて
かくれんぼです。

幼稚園くらいの子供は
かくれんぼが大好きです。
我が家の娘と公園で遊ぶときも
必ずかくれんぼしようと
言ってきます。

かくれんぼをしていると
公園で遊んでいるお友達も
やってきて、「まぜて」と
言ってきます。
なので一緒にかくれんぼをして遊びます。

しかし、かくれんぼをしながら
写真を撮るのは少し
難易度が上がります。

そこで木を使って隠れる遊びをします。
木は撮影現場にある撮影小物(大道具)
だと思っています。

この木に隠れてもらい
いないいないばぁと
出てきてもらいます。
こちらも隠れていて一緒に出ます。

201704222_0019web.jpg

こんな風に、子供を撮るなら
一緒に遊びながら楽しく
撮影することです。

たとえプロでなくてもできます。
遊ぶこと自体難しいことではありません。
楽しい雰囲気作りがとても大切です。

ボールで楽しく遊んだり
かくれんぼをしたり。
子供の好きなことをして
遊びながら撮影したり
遊んだ後に撮影をする。

こういうふうにして撮れば
子供にとって撮影は
つまらない時間ではなく
楽しい体験をした時間として
記憶されることでしょう。

そしてその楽しかった瞬間を
写真を見て振り返ることが
出来るでしょう。

フェイスブックページ
七五三・お宮参りの出張撮影・家族写真撮影会|ファミリースタイルフォト
https://www.facebook.com/kazokunokizuna.photo/

撮影会の日程は下記でご確認頂けます。
野外ロケ家族写真撮影会日程


撮影会やアニバーサリー撮影のご予約はメールで
familystylephoto@yahoo.co.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。