家族の本物の笑顔撮れてますか?
ファミリースタイルフォトでは子どもの気持ちに寄り添った撮影で
家族の本物の笑顔を写真に残したいというパパやママの願いを叶えます。


2017年の撮影受付がスタートしました。
野外ロケ家族写真撮影会日程
溝の口NOEL(室内)写真撮影会
七五三出張撮影はこちら
お宮参り出張撮影はこちら
1歳記念出張撮影はこちら
マタニティフォト撮影会はこちら

写真を撮る意味

人生にとって写真とはどういう意味を持つのか?

なぜ、人は写真を撮るのか?

この答えを明確にすることで写真という仕事に対する姿勢を明確にしていこうと思う。

なぜ、人は写真を撮るのか?


その答えは、「幸せな気持ちになりたいから」

この世の中の全てのことが実はこの思いが基本なのではないだろうか。人は誰しも不幸になろうとはしない。みんな幸せになりたいという思いをもって生きている。

世の中にはいろいろなサービスがありそのサービスを受けようとする人がいる。レストランに行って美味しい料理を食べる。人気の車を買って乗る。というようなことから、本を読んだり、健康の為に歩いたり、家族で旅行に行ったり、友達とおしゃべりしたりなど日常的なこと全て行動においてこの思いが根底にあるように思う。


そういう意味ではなぜ、人は写真を撮るのか?その答えは
「幸せな気持ちになりたいから」



人生にとって写真とはどのような意味があるのか?


その答えは
「【心のアルバム】に幸せな思い出を追加すること」
そしてもう一つ「幸せの形を残すこと」



【心のアルバム】とは【記憶】と置き換えてみることができる。
人は良い思い出を記憶し続けていくことで幸せの度合いが増していくのではないだろうか。

しかし、記憶や感情というのは時間が経つにつれて薄れていってしまうものでもある。記憶だけでは物足りなさを感じる。人にも伝えにくい。だから何か形に残しておきたいと思う。そこには後でそれを見直したときに、同じ感情に浸りたいという思いがある。


この2つの疑問と答えが自分と写真を今後も強く結びつけていくものになるだろう。「写真は人々の、家族の幸せのためにある」そのことをいつも思いながら写真に関わっていきたいと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。